HOME > ライフジャケットの規格が変わりました

ライフジャケットの規格が変わりました

ライフジャケットの規格表示
国土交通省では平成30年2月すべての小型船舶の乗船者にライフジャケットの着用を義務化しました。
平成30年2月以前にはライフジャケット着用の義務がなく、ただ承認されたライフジャケットを船に積んでおけばOKであり、違反対象ではありませんでした。

しかし法改正により小型船舶に乗船する場合にはライフジャケットを必ず着用しなければならなくなりました。
これは同乗させる船長の義務でもあり違反すると処罰対象となります。

またプレジャーボートや遊漁船でも着用が義務付けられたため新たに購入する、もしくはお手持ちのライフジャケットの使用の際には規格チェックが必要です。

法改正後のポイントと注意点

・ライフジャケット着用だと生存率が2倍以上になります。
・ライフジャケットの種類を確認してください。
・違反者には最大6ヶ月の免許停止処分があります。


特にご注意いただく点は、小型船舶に乗る場合は国土交通省形式承認(桜マーク)付きのライフジャケットの着用が必須ということです。

またタイプ(型式承認)に注意して選んでください。TYPE Aのものであればすべての小型船舶に対応しておりますので間違いありません。

  • スズキマリン
    スズキマリン
  • ネオネットマリンWEB本店
    ネオネットマリン
  • 海遊社
    海遊社
  • アクアビーチ
    アクアビーチ
  • トーハツ
    トーハツ
  • Gill
    Gill