HOME > ライフジャケットの浮力

ライフジャケットの浮力

ライフジャケットの浮力

ライフジャケットの浮力と適応体重の関係

O-1_Blue、ブルー、マリンスポーツ用、スタンダード
ライフジャケットの効果はあなたにぴったりと合ったサイズのものを着用することでその効力を発揮します。

購入の際にはサイズや適応体重、浮力などに注意して選びましょう。

ライフジャケットの適応体重

またサイズのみ見るのではなく「適応体重」の記載をしっかりチェックすることが大事になってきます。
適応体重はほとんどのライフジャケットに記載されています。自分の体のサイズと体重に合ったライフジャケットを着用することで初めてその効果が得られます。


ライフジャケットはその人に合った適正サイズというものがあります。サイズ違いのものを着用するとライフジャケットの本来の力が発揮されないどころか思わぬ重大な事故につながってしまいます。
ライフジャケットを着た子供
サイズや適応体重に合っていないライフジャケットの着用はアクシデントの際その力を発揮しません。

上記が合っていたとしてもベルトやボタン、ファスナーなどをしっかりと体に留めて装着しないと着水したときにライフジャケットが体から浮いてしまいます。
サイズ、適応体重、浮力などをよくチェックし、必ずしっかりと着用しましょう。

ライフジャケットの浮力

ライフジャケットには「水中で浮き上がる力が7.5kg以上ある」「水面に顔を出すことができそれを維持することが出来る」などの安全基準が定められています。
事故で水没してしまった場合、頭を水面より安定して出しておくにはどうしたらいいでしょうか?

人の頭の重さはかなりあり自身の体重の1/10だと言われています。
この頭がどんなことがあっても沈まないようにするには体重の1/10分の浮力があれば水面より浮くということになります。

例えば50㎏の人なら5kgの浮力があれば頭が水面から浮くということが推測されます。
そこに更に余裕を持たせて浮力をアップさせることで様々なシーンで安心して使用することができるのです。


  • スズキマリン
    スズキマリン
  • ネオネットマリンWEB本店
    ネオネットマリン
  • 海遊社
    海遊社
  • アクアビーチ
    アクアビーチ
  • トーハツ
    トーハツ
  • Gill
    Gill