HOME > ライフジャケットの選び方(選ぶときの注意点)

ライフジャケットの選び方(選ぶときの注意点)

ライフジャケットの選び方(選ぶときの注意点)

ライフジャケットは海での作業や防災、レジャーで必要なものです

カヌーを漕ぐ家族
ライフジャケットは海での作業や防災、またはレジャーや沖に出て釣りをするなど水辺のアクテビティには必要不可欠です。

ライフジャケット着用の必要性、それはまず第一に事故防止のためですが、様々な業務や用途に必要であったりそもそも着用義務があったりと、今やライフジャケットは水辺での作業・防災・レジャー等で必要なものとなっています。
足を滑らせて海に落ちてしまったり波にさらわれたり足がつくほどの浅瀬でも溺れてしまうことはあります。
安全面で見るとそういった場合でもライフジャケットの浮力で溺れてしまうことを防ぐことができ、ライフジャケットを着ることで事故のリスクは抑えられるのです。

安全面だけでなく先述したように様々なシーンでライフジャケットの着用は必要であったり義務であったりするので、それらの用途に合わせて数あるライフジャケットの中から最も適したものを選ぶようにしましょう。

ライフジャケットの選び方の基準

ライフジャケットを選ぶときには大事なポイントがいくつかあります。
使用する際の用途にもよれば、また着る人の体格にもよります。

またライフジャケット自体にも種類が様々あるためピッタリのものを探すにはいくつか確認する項目があります。
①用途に合わせて選ぶ。

②体格・浮力で選ぶ。

③国土交通省型式承認のものを選ぶ。

①用途に合わせて選ぶ。

小型船で沖に出て釣りをする、もしくはマリンスポーツで沖合で遊ぶなど、使用目的や用途に合わせてライフジャケットのスタイルを選んでいただくのも大事です。
小型船舶で釣りなどで沖合に出る場合にはこのようなライフジャケットが最適です。
また小型船舶に乗船する際には国土交通省型式承認の桜マーク入りライフジャケットの着用が義務付けられています。
20トン以上の船上作業や港湾・海上工事に適したライフジャケットです。
海辺や水辺で作業する際にはこのタイプのライフジャケットがいいでしょう。
防災用には以下のようなタイプのライフジャケットがあります。
こちらには防災用の頭巾がついています。

アウトドアの際にも最適な通気性の良いライフジャケットは股ベルトや大きなポケットがあり装備性が高く消防や救難事業向きです。

②体格・浮力で選ぶ。

国土交通省型式承認品のライフジャケットは色々な体格の方が着用する事を想定し設計・試験されていますが、国が定める法定浮力は「7.5kg※の鉄を24時間以上浮かせられる事」となっており、75kgの人間を24時間浮かせることが出来る浮力です。(※大人用は7.5kgの負荷)

実際にライフジャケットを着用する場合は、それよりも体重が重い体格の大きい人が着用したり、作業を行う際に工具類(鋼やアルミ製など)を腰に携えていたり、ハーネスを付けた状態で作業を行う必要があるなどの場合が発生する為、浮力に余裕を持った製品を選ぶ必要があります。
作業用救命衣LG-1 型は胸囲150cmまで 適応体重180kgまで と体格の大きな方でも着用出来る様に胴ベルトが長く、適応体重も法定浮力の2倍以上の仕様です。
*ベルトの長さ調節も可能です。

桜マーク品ではない為、小型船舶に乗船しない方限定ですが固型式浮力材を用いた大きいサイズのフローティングベストもあります。

③国土交通省型式承認のものを選ぶ。

国土交通省型式承認は厳しい基準をクリアした使用に安心なライフジャケットの証となるものです。承認を受けたものには「桜マーク」が付いています。

桜マーク付きのライフジャケット以外にも様々なタイプのものがありますが、
浮力が不足しているなど基準に満たないものがあるのでラベルの確認をしてください。

小型船舶に乗船し沖に出る場合はこの「桜マーク」つきのライフジャケット着用が義務となります。ご注意ください。


C-2型 (小型船舶用)(桜マーク付き/TYPE A)

適正な浮力のライフジャケットで子供を事故から守る

ライフジャケットを子供に使用する際には子供用のライフジャケットを着用するようにご注意ください。

子供に大人用のライフジャケットを着用させるとライフジャケットだけが浮き子供が水中に沈んでいくという事故が発生します。
正しいサイズのものを着用しないとこのような事故がおこります。必ず子供には子供用のライフジャケットを着用させてください。
list_Jr、小児用ライフジャケット
小児用ライフジャケット Jr-1S型&1M型(桜マーク付き/TYPE A)

子供用ライフジャケットについてはこちらもご覧ください。
https://www.lifejacket.jp/products/za-boon-children.html


子供用のライフジャケットはあるのでしょうか?

大人用ばかりでなく子供用のライフジャケットもあります。子供には子供専用のサイズのライフジャケットを着用させなくては効果がありません。
海や川でのレジャーには子供専用のライフジャケットを選び海辺や水辺のレジャーを安心して楽しみましょう。

・体重40 kg以上************************浮力7.5 kg以上
・体重15 kg以上40 kg未満****************浮力5 kg以上
・体重15 kg未満 ***********************浮力4 kg以上

1S 1M
製品名 オーシャンJr-1S&1M型 TYPE A
用途 小型船舶用救命胴衣(小児用)
型式承認番号 第4462号 第4463号
サイズ 身長110~130cm 身長130~150cm
適応年齢 6~8歳 9~11歳
カラー レッド/イエロー
適応体重 40kg未満
浮力 5.4kgf
定価 7,000円(税抜)

乗船する小型船舶の種類

乗船者

ライフジャケットのタイプ ※[3]

操縦免許

船換

用途

航行区域

構造

TYPE A

TYPE D

TYPE F

TYPE G

※[1]
漁船 ※[2]海岸から12海里を越える区域---すべて



旅客船
(旅客定員が12名を超える船舶)
------小児小児用


12歳以上の者



その他の小型船舶沿海区域以達---小児小児用


12歳以上の者



沿岸区域
限定沿海区域
---小児小児用

12歳以上の者


不沈性能有
緊急エンジン停止スイッチ有
ホーン有
(水上バイク等を除く)
小児小児用
12歳以上の者

不沈性能有
緊急エンジン停止スイッチ有
ホーン有
(水上バイク等)
小児小児用
12歳以上の者
平水区域---小児小児用

12歳以上の者


不沈性能有
緊急エンジン停止スイッチ有
ホーン有
小児小児用
12歳以上の者
漁船 ※[2]海岸から12海里以内の区域---すべて
その他の小型船舶------小児小児用
12歳以上の者

※ :
[1]小型船舶操縦士の免許が必要な船舶(ミニボート等)には、着用義務は適用されない(ただし、安全のため着用を推奨)。
[2]遊漁船であったとしても、旅客定員が12人を超える場合は、旅客線に該当
[3]磯等渡しの場合は、型式承認品(桜マーク付き)に代えて、浮力を有する釣り専用の安全装具で代替可(ただし、小児を除く。)

※横にスクロールしてください。
ライフジャケットには様々なタイプのものがあります。
そのタイプごとに小型船舶の用途や航行区域及び構造によってそれぞれの特徴があります。
入手の際には十分ご注意ください。


  • スズキマリン
    スズキマリン
  • ネオネットマリンWEB本店
    ネオネットマリン
  • 海遊社
    海遊社
  • アクアビーチ
    アクアビーチ
  • トーハツ
    トーハツ
  • Gill
    Gill