HOME > オーシャンライフの桜マーク入りライフジャケット

オーシャンライフの桜マーク入りライフジャケット

桜マーク入りのライフジャケット着用が義務化



平成30年2月1日以降より、原則として、小型船舶の船室外の甲板上(屋根のないところ)ではすべての乗船者に桜マーク入りのライフジャケットの着用が義務化されることが国土交通省から発表がありました。

ライフジャケットをご購入予定の方や、既にお持ちの方も一度こちらのページをご一読ください。



国土交通省
※画像、もしくはテキストクリックで国土交通省のページへ飛びます。(別窓)

従来から着用義務がある12歳未満の小児、水上オートバイの乗船者、1人乗り漁船で漁ろうに従事する者が義務化されていましたが、
法令改正により
小型船舶の船室外の甲板上(屋根のない曝露甲板)の乗船者に義務化範囲が拡大されます。
(適用除外の対象者もあります)

それに伴い、小型船舶の船長には、原則としてすべての乗船者にライフジャケットを着用させる義務があり、着用させない場合は違反行為と見なされ、違反点数2点が課せられる他、再教育講座を受講する必要となります。※違反点数5点以上で最大6ヶ月の免許停止の対象。
違反点は平成34年2月1日以降より付与されるようになります。


詳細はこちら

桜マークとは


「桜マーク」とは、国に代わって小型船舶の検査事務や登録事務等を行うJCI※(日本小型船舶検査機構)がライフジャケットの製造に立ち会い、安全性を確認、承認した上で押される桜型の証印です。
※HK(一般財団法人日本舶用品検定協会)は小型船舶用以外の物件を対象として実施します。

当社製品の桜マークを確認するには

大人用固型式C-2_3
大人用固型式C-2
子供用固型式Jr-1M
子供用固型式Jr-1M
大人用固型式C-2_4
大人用固型式C-2
子供用固型式Jr-1M_2
子供用固型式Jr-1M
オーシャンライフのライフジャケットは、背中やジャケットの内側で桜マークの確認ができます。
「桜マークなし」のライフジャケットには、型式承認番号や製造者名称が記載されていないものも存在します。

ライフジャケット着用の大切さ


ライフジャケットの着用時と非着用時では、海中転落時の生存率が大幅に変わります。

ライフジャケットの着用効果について説明しているページもございますので、
そちらも是非ご一読ください。

併せて読みたいライフジャケットの着用効果(当サイト別ページ)

オーシャンライフで取り扱っている桜マークの入ったライフジャケット一覧


個人販売、無料お見積もりも承っておりますので、一度お試しください。
list_C-2
定番のオレンジベスト、プレジャーボート用ライフジャケットです。 小型船舶用<船舶検査適合品>水害・災害対策にも効果を発揮する救命胴衣です。
 
list_Jr
小型船舶に乗船中の小児(12歳未満)は着用が義務付けられています。 小型船舶子供用<船舶検査適合品>堤防から釣り等、安全対策として。
 
list_DXC3
港湾・海上工事に使用出来る作業用救命衣です。 作業用兼小型船舶用<船舶検査適合品>背空き、脇ベルト。水害災害対策
 
list_WR
水を感知する自動式とヒモを引っ張る手動式タイプの2種類が御座います。作業用及び小型船舶用(ウエストタイプ膨張式)<船舶検査適合品>
 
list_LG
水を感知する自動式とヒモを引っ張る手動膨張式タイプ。 作業用及び小型船舶用(ショルダータイプ膨張式)<船舶検査適合品>
 
00819c1aeb85616aa53dcd08daf14c9d
視認性UP! LG-1型に反射材が装備され、 安全ベストが必要な作業現場に最適です。 作業用及び小型船舶用(ショルダータイプ膨張式)<船舶検査適合品>
 
list_RE1
汚れたカバーを外して洗えるウォッシャブル仕様の膨張式救命胴衣。 作業用及び小型船舶用(ショルダータイプ膨張式)<船舶検査適合品>
 
水難防災個人用保護具
水難防災個人用保護具/幼児から大人までサイズ対応、小スペース収納タイプ
 
list_BW1
作業性がよく防災・アウトドアにも。 小型船舶用<船舶検査適合品※TYPE別、限定条件有り>
 

お問い合わせはこちら

お見積もりはこちら