HOME > FAQ > 膨脹式救命胴衣について

膨脹式救命胴衣について

    9302f30ac5538d7a9196377142430446
    自動膨張機能を備える膨張式ライフジャケットは
    国土交通省型式承認基準により定められた試験
    「 不注意膨張試験 」を行い、
    降雨等により誤作動をしないかが確認されます。

    写真はLG-1型(肩掛け式)で、WR-1型(腰巻式)、RE-5型(肩掛け式)の、
    自動膨張機能を備える製品全てを試験しています。

    *注意点
    雨に濡れた後は通気性の良い場所で乾かした後保管してください。
    濡れたまま密閉されたケース等に入れると水感知センサーが吸湿し劣化します。
    ガスボンベと水を感知する部品を取り外し、中性洗剤を薄めて手洗いをしてください。
    洗い終わった後は陰干しし、水分が無くなっていることを確認の後水感知部品を取り付けてください。

    ご注意ください。
    水を感知する部品を洗うと再使用出来ません。
    洗剤にガソリンなどの溶材を使用しないでください。
    洗濯器で洗ったり過度の力で洗うと気室生地に亀裂が入る為避けてください。
    faq_oral_tube
    気室(黄色についている)赤色のチューブ(補助送気口管)の先端にキャップの裏側を使って押し込むと排気可能です。
    〇自動膨張装置UML-MK5の内部構造を説明いたします。


    FAQ_AUTO_1

    〇自動膨張装置は手動でも操作する事が可能です。
    FAQ_AUTO_2

    〇水を感知し自動で膨張する仕組みを説明いたします。
    FAQ_AUTO_3

    自動式は膨脹装置が水を感知し自動的に膨脹します。
    手動式は膨脹装置に有るヒモを引っ張り膨脹します。(自動式にもヒモが有ります)