HOME > FAQ > 固型式救命胴衣について

固型式救命胴衣について

    船舶検査と同時に救命胴衣の検査が有り取替え時期は検査官の判断になりますが使用前点検の実施をお願い致します
    型式承認基準:7.5kgの鉄を吊り下げ24時間浮き続けることとなっています。
    弊社実験結果を参考:固型式では約1週間で浮力が約5%減少しました、浮く機能としては問題の無い数値です。